コラム

簡単カイセツ!外壁塗料を選ぶコツ

こんにちは!
千葉県柏市・松戸市を中心に県内一円やその近県で、外壁塗装工事・内装リフォーム工事を手がける株式会社スリークラフトです。
外壁リフォームを検討するときに、「どんな塗料があるの?」「どの塗料を選ぶといいの?」といった疑問もあるのではないでしょうか?
外壁塗料の素材や性能はさまざまです。
今回は、外壁の塗料を選ぶにあたって知っておきたい「塗料の種類やそれぞれの特徴」についてお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

主な外壁塗料の特徴

アクリル塗料

「アクリル塗料」とは、塗料の主成分がアクリル樹脂の塗料をいいます。
軽量のため、重ね塗りがしやすい塗料です。
また、光沢があって発色しやすいため、調理家電や自動車の上塗りでよく用いられています。
最も安価な塗料です。
しかし、耐用年数が約3年~8年と短いため、すぐに塗り直しのメンテナンスが必要です。
そのため最近では、外壁のメンテナンスに採用されるケースは多くありません。
とにかく施工費を安く抑えたい、こまめに塗装リフォームをしたいという場合に向いている塗料です。

ウレタン塗料

「ウレタン塗料」とは、主成分がウレタン樹脂の塗料をいいます。
柔らかい素材で、密着性に優れています。
細かい箇所や曲面にも対応できるため、複雑な形状の外壁にも最適な塗料です。
またモルタルや鉄、アルミ、コンクリートの外壁とも相性が良い塗料です。
弾力があり、ゴムのように伸縮する製品もあるため、木材にも塗装できます。
剥がれにくく硬度があり、耐用年数は約5年~10年です。
独特の光沢感があるタイプが多いので、仕上がりが気になる方にはオススメできません。
できる限り施工費を安く抑えたい、剥がれが気になる箇所を補修したいという場合に向いている塗料です。

シリコン塗料

「シリコン塗料」とは、主成分がシリコン樹脂の塗料をいいます。
総合的に住宅保存にかかるコストを大きく削減できる、非常にコストパフォーマンス性の高い塗料です。
耐久性や耐水性、費用などのバランスが良く、耐用年数は約7年~15年です。
また、人気の理由の1つとして、透湿性に富んでいて、結露が発生しにくいことが挙げられます。
優れたコストパフォーマンスの塗料を使いたい、安心できる塗料を採用したい、塗り替えと同時に結露対策もしたいという場合に向いている塗料です。

フッ素塗料

「フッ素塗料」とは、主成分がフッ素樹脂の塗料をいいます。
耐熱性・耐寒性が高く、あらゆる気候に対応ができます。
また、耐用年数も約12年~20年と非常に長いことも特徴です。
ただし費用が高いため、一般住宅では、外壁よりも施工面積の狭い屋根にのみ採用されることが一般的です。
雪が滑り落ちやすいため、積雪地帯の屋根の塗装にも使用されています。
酸性雨や紫外線に強く、汚れが付着しても雨で流れ落ちるため、メンテナンスが必要になるまでの期間が長いです。
そのため、陸橋や鉄塔、高層ビルなどの塗装にも適しています。
立地的に外壁塗装を頻繁に行えない、家を長持ちさせたいという場合に向いている塗料です。

ラジカル塗料

「ラジカル塗料(ラジカル制御型塗料)」は、これまでの塗料に多かったチョーキング現象の発生を抑えるために開発された塗料です。
塗膜の劣化・変色を防ぐ高耐候酸化チタンや光安定剤を主成分とします。
製品によって、アクリル・シリコン・フッ素など一緒に配合されている合成樹脂の成分は異なります。
耐用年数は約8年~16年です。
比較的リーズナブルで高性能な塗料を使いたい、コストパフォーマンス性を求めている、最新技術の塗料を試したいという場合に向いている塗料です。

セラミック塗料(断熱塗料/遮熱塗料)

「セラミック塗料」セラミックが配合された塗料をいいます。
セラミック塗料には主に3つのタイプがあります。
・セラミックビーズを加えることによって、熱を遮断し「断熱」や「遮熱」の効果を発揮する
・親水性が高いため、外壁が汚れにくくなる「低汚染性」の機能がある
・陶磁器の材料を吹き付けることによって「石材調のデザイン」にできる
合成樹脂の成分により変わりますが、耐用年数は約10年~20年です。
ちなみに、断熱塗料と遮熱塗料では、性質が異なります。
断熱塗料の特徴として、太陽の光を取り入れながら、室内・室外間の熱を行き来しにくくする働きがあります。
そのため、冷房と暖房、どちらの効率も向上させます。
しかし、遮熱塗料は、太陽の光を遮ることで自然光の熱をカットします。
そのため、夏場は涼しく過ごせますが、冬場は室内の温度が下がり、寒くなってしまうことがあります。
夏場の外からの熱気が厳しい吹き抜けや2階リビングがある、省エネ効果を期待できる塗料で施工したい、意匠性の高い石材のような外観にしたいという場合に向いている塗料です。

光触媒塗料

「光触媒塗料」とは、白色の顔料である酸化チタンの性質を利用した塗料をいいます。
酸化チタンは、太陽光から放出される紫外線が当たり化学反応を起こすことによって、壁面に着いた汚れを分解します。
現在主流となっている塗料の中では最も高額ですが、メリットとして、雨水を利用して汚れを自然に洗い流してくれることが挙げられます。
しかし、紫外線や雨が当たらなければ効果を発揮しにくいため、隣家との距離が近かったり、日当たりが悪い建物の場合、相性が合わないかもしれません。
また、主原料が白色顔料であるため、濃い色の外壁にすることはできません。
耐用年数は約10年~20年です。
日当たりが良い家に住んでいる、外壁の手入れの頻度を減らしたいという場合に向いている塗料です。

無機塗料

「無機塗料」とは、無機物(鉱物)を主成分とした塗料をいいます。
チョーキングや色あせといったトラブルは、有機物の劣化により引き起こされます。
そのため、無機物を使った塗料の場合、外壁が汚れにくいというメリットがあります。
また、人気の理由の1つに不燃性が高いことがあります。
ただし、無機質だけでは固すぎるため、ひび割れが発生しやすくなります。
それゆえ、現在「無機塗料」と呼ばれている製品のほとんどは、最低限量の有機物(合成樹脂)と混合した有機・無機ハイブリッド塗料です。
混ぜる有機物によって変わりますが、耐用年数は約10年~25年です。
耐久力が高い塗料を使いたい、防火性の高い外壁にしたいという場合に向いている塗料です

株式会社スリークラフトにご相談ください!


株式会社スリークラフトでは、新規お取引を受け付けています。
外壁塗装や内装リフォームのご要望はございませんか?
お家のお困りごとを解消するプロフェッショナルとして、塗り替えや雨漏り補修などさまざまなご依頼に対応しています。
高度な技術と豊富な知識を備えたスリークラフトにお任せください!
ご相談、お見積りは無料です。
ぜひお気軽にお電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。