コラム

まるわかり!外壁塗装で活躍する道具

こんにちは!
千葉県柏市・松戸市を中心に県内一円やその近県で、外壁塗装工事・内装リフォーム工事を手がける株式会社スリークラフトです。
塗装工事には、あまり多くの道具を使わないイメージがあるのではないでしょうか?
しかし、塗装工事はざまざまな工程を踏んで行われる工事です。
そのため、数多くの道具が使われています。
今回は、「外壁塗装で活躍する道具」についてご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

刷毛


一口に刷毛といっても、形状やサイズ、種類は多岐にわたります。
「平刷毛」「筋交い刷毛」「隅切り刷毛」「目地刷毛」など数多く存在します。
素材にも違いがあります。
山羊毛や豚毛、馬毛を使った獣毛刷毛と化学繊維の刷毛に分類されます。
化学繊維刷毛は水性系塗料用です。
塗装面の形状や下地の素材、また水性塗料か油性塗料かなどによって、適切な刷毛を選択することが必要です。
刷毛を使う最大のメリットは、細部まで自由に塗装できることだといえます。
しかし、多種多様な刷毛から、状況に応じた適切な刷毛を選ぶためには、長年の経験が求められます。
また、技術が足りなければ塗装面に色ムラや刷毛筋が発生するなど、仕上がりのクオリティーが低くなってしまうため、高い技術力が必要です。
シンプルさゆえに、知識や経験、技術をもちあわせたベテランでなければ、使いこなすことが難しい道具だといえるでしょう。

ローラー

現在、塗装工事において最も用いられている道具がローラーです。
ローラーの種類も数多く存在します。
そんな中で主流となっているのが、「羊毛ローラー」や「砂骨ローラー」です。
「羊毛ローラー」は、毛足の長さに応じて短毛タイプ、中毛タイプ、長毛タイプに分けられ、用途もそれぞれ異なります。
他にも、「抑えローラー」のように、塗装面に模様やニュアンスを加えるなど、デザイン上の目的のために用いられるローラーもあります。
ローラーを使用することで、範囲の大きい面積も素早く、均一な仕上がりで塗装できます。
また刷毛に比べ、初心者でも扱いやすいことがメリットです。
ただし、細部までローラーで塗装することは難しいため、細部には刷毛塗りで塗装するのが基本的な方法になります。

スプレーガン

アートの分野でよく使われるエアブラシをさらに大型にしたような形状の道具にスプレーガンがあります。
スプレーガンにもいくつかの種類があります。
基本的にはエアコンプレッサーで圧縮した空気により塗料を噴霧して塗装していくための道具です。
外壁塗装だけでなく、さまざまな分野の塗装で用いられています。
外壁塗装では、主にモルタルの外壁をリシン・スタッコ・吹付けタイル仕上げによって塗装面に凹凸をつけることによって塗装面に表情を加える際に用いられます。
これは、スプレーガンでしかできないデザインです。
しかし、スプレーガンも刷毛同様に、色ムラを出さずに美しく仕上げるためには高い技術が求められます。
また、塗料を噴霧状にするスプレー塗りでは、刷毛やローラーによる塗装よりも養生に手間がかかることや、塗料のロスが大きいことがデメリットだといえます。
現在、戸建住宅の主流となっているサイディングの塗装工事ではほとんど用いられることはありません。

株式会社スリークラフトにご相談ください!


「外壁を塗り直してイメージチェンジしたい!」「クロスの汚れが目立つ」といったお家のお悩みやお困りごとはありませんか?
どんなことでも、ぜひお気軽に株式会社スリークラフトにご相談ください!
高度な技術と豊富な知識を活かし、お客さまのお悩みを解決いたします。
ご相談、お見積りは無料で承っております。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。