コラム

ツートーンカラーの外壁!おしゃれにするポイントは?

こんにちは!
千葉県柏市・松戸市を中心に県内一円やその近県で、外壁塗装工事・内装リフォーム工事を手がける株式会社スリークラフトです。
2色を組み合わせてツートンカラーにすることで、おしゃれでスタイリッシュな外壁に仕上げることができます。
外壁塗装のリフォームを検討中の皆さん、ツートーンカラーの外壁にチャレンジしてみませんか?
今回は、おしゃれなツートンカラーの外壁を実現するポイントをご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

色分けはどうする?

階層で分ける

最も王道的な外壁の色分けは、階層によって分ける方法です。
一般的に一般住宅は2階建てが多いです。
そのため、1階と2階で色を分けると良いでしょう。
1階を暗めの色に、2階は明るめの色にしたほうがバランスが良いといえます。
しかし、逆に1階を明るめの色、2階を暗めの色にすることで、家全体の印象が引き締まってスタイリッシュに見えるという効果があります。

外装材で分ける

ベランダ部分など、他の外壁と異なる外装材を使用している場合もありますね。
このような場合、外壁一面を同じ色で塗装することで、外装材の差が目立ってしまうこともよく見られます。
外装材の境界線で色分けをすることで、不自然さがなくなったり、より洗練されたおしゃれな印象の外壁に仕上がるという効果があります。

凹凸で分ける

同じ外装材を使用している場合でも、凹凸が生じてしまうこともよくあります。
凹凸で色分けをすることで、凹凸の差が目立ちにくくなり、外壁の審美性が上がるという効果があります。

色の組み合わせはどうする?

同系色を組み合わせる

同系色を組み合わせるのが、最も失敗しにくい方法です。
同系色であるがゆえ、相性が良く、組み合わせても調和しやすいといえます。
暖色系または寒色系など同じ系統の2色を組み合わせることで、違和感のないバランスのとれたツートンカラーの外壁を実現できるでしょう。
オフホワイトとベージュ、グレーとブラック、クリームとオレンジなどが同系色の組み合わせとして挙げられます。

ホワイト系と彩色を組み合わせる

ホワイト系はどのような色とも相性が良いですが、彩色と組み合わせることで、外壁はもちろん、家全体が爽やかで明るい印象になります。
ホワイト系と茶色などの組み合わせが定番です。
ホワイト系を用いる際には、純度の高い透明感のある白色を選ぶと、外壁の汚れが目立ちやすくなるため、注意が必要です。
お手入れが少なく済む、黄みのあるアイボリーやクリームがオススメです。
また、グレーとホワイトを混ぜたものであれば、汚れが目立ちにくいだけでなく透明感も演出できるでしょう。

塗装とタイルを組み合わせる

2色の塗料を組み合わせる以外にも、塗装とタイルを組み合わせることでツートンカラーの外壁を叶えることができます。
ブラウン系やベージュの塗料とタイルを組み合わせることで、高級感のあるエレガントな外壁に仕上げることができます。
また、ホワイト系の塗料とベージュに近い木目調の外装材を組み合わせることで、爽やかで温もりの感じられる家に見せる効果があります。
モダンでスタイリッシュな印象の外壁にするには、ホワイト系の塗料とブラック系の木目調外装材の組み合わせが良いでしょう。
組み合わせる塗料の色とタイルによって、外壁や家の印象を無限大に変えられるのは、とても魅力的ですね。

株式会社スリークラフトにご相談ください!


株式会社スリークラフトでは、新規お取引を受け付けています。
外壁塗装や内装リフォームでお困りごとはございませんか?
どんなことでも、ぜひお気軽に株式会社スリークラフトにご相談ください。
熟練の職人たちが知識と技術を活かし、お客さまのお悩みを解決いたします。
ご相談、お見積りは無料で承っております。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。