コラム

よくわかる!内装リフォーム

こんにちは!
千葉県柏市・松戸市を中心に県内一円やその近県で、外壁塗装工事・内装リフォーム工事を手がける株式会社スリークラフトです。
大切な住まいをリフォームするのであれば、やはり満足のいくリフォームにしたいものですよね。
そこで今回は、内装リフォームのポイントをご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

内装リフォームのタイミング


内装リフォームが必要になるタイミングは、リフォーム箇所によって異なります。
住宅の築年数別にみていきましょう。

築5年~10年

・フローリングの補修
・壁の張替
・天井の張替
・ふすまや障子の交換

築10年~15年

・畳の張替
・木材壁の補修
・天井のメンテナンス
・トイレのリフォーム
・廊下のメンテナンス

築15年~20年

・カーペットやフローリングの張替
・壁の塗り替え
・キッチンのリフォーム
・浴室の補修や交換
・窓の交換

築20年以上

・タイル床の補修
・洗面台の交換

床や壁のリフォーム施工方法

大きく分けて2つの施工方法があります。

既存の床材や壁材をはがして新しく施工する

張り替え工法とは、古い床材や壁材を撤去して、新しいものに取り替える施工方法をいいます。
張り替え工法では、下地部分まで補修ができます。
築年数が古い住宅や下地が傷んでいる場合に適しています。
また、施工の際に断熱材を導入するなど、性能の向上も期待できます。
工期が長くなる、費用が高くなるというデメリットがあります。
しかし、新しいものに取り替えるため、床や壁の厚みが変わらず、段差ができないという大きなメリットがあります。

既存の床材や壁材を残したまま施工する

重ね張り(上張り)とは、古い床材や壁材をそのまま残して、上から新しい材料を張り付ける施工方法をいいます。
重ね張り(上張り)は、下地の補修が不要な場合や安価でリフォームをしたいときに行うことができます。
材料を重ねるため、厚みが増し、床の高さが変わることで段差ができてしまいます。
段差ができるために建具の交換が必要になる、転倒のリスクが上がるというデメリットがあります。
しかし、既存の材料を撤去しないため、スピーディーに作業が進められるため、工期が短くすむことや費用が安く済むというメリットがあります。

株式会社スリークラフトにご相談ください!


株式会社スリークラフトでは、新規お取引先を募集しています。
外壁塗装や内装リフォームなど、お家のお悩みやお困りごとはございませんか?
高度な技術と豊富な知識を備えたスリークラフトにお任せください!
ご相談、お見積りは無料です。
ぜひお気軽にお電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。